もしかしたら

12月早々、京都に行くかもしれません。

紅葉は、どうでしょうか?

まだ、間に合うでしょうか?

寒くはないでしょうか?

あちら方面にお住まいの方、情報いただけると大変有難いです。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-24 23:15 | 恋愛

何となくうれしい祝日

今日は、お友達と公園に行くことになっています。これから、おでかけ。

公園といっても近所のところで、取り立てて何があるというところでもないけれど。

でも、おでかけがあるので、普段手抜きのメイクも

日焼け止めを塗って

ゲランの下地クリームをつけて(ここぞ、という時にしか使わない)

シャネルのお粉はたいていきます。

実は、お友達が、カメラで撮影会をするというので、ちょっと気合はいっています。

もしかしたら、たただのアシスタントで終わってしまうかもしれないけれど

もしかして、被写体になるかもしれないし

嘘・嘘

でも、目的をもってメイクするのは、すごく楽しいので

これから、がんばってお化粧します。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-23 11:12 | 恋愛

うれしい日曜日

今月のデイトは無理とのメールがきてから、すっかり落ち込んでいた私でしたが

今日の午後、彼からメールがきました。

土日の週末は絶対にメールをくれなかったのに

初めてです♪

うれしくて・うれしくて

すぐにお返事しました。

土曜日、中学時代の友人と飲み会をしたそうで

そこで、私の事がちょっとだけ話題になったそうで

でも、「別に何も言ってないよ」というメールでした。

いいの・いいの。

二人のことは、絶対に秘密にしなくてはいけないから

知らん顔して とぼけていて。

そいて、私のお返事メールに

「12月になって、都合のいい日がわかったら、早めに連絡してね」って!!!

やった! やった! やった!

興奮しすぎの私です。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-20 19:35 | 恋愛

甘いもの

今日は、お友達とホテルのケーキビュッフェに行ってきました。

食べた・食べた。

サンドウイッチやフルーツもあって、満足・満足。

私は、甘いものが大好き。

綺麗なケーキに胸おどらせたひとときでした。

おかげで、夕飯が食べられなくて...。


彼から待望のメールきました。

出張が続いていて、今月のデイトは無理とのこと。

残念。

でも、生きていて良かった。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-12 21:05 | 恋愛

今日も

ちょっと、鬱です。

昨日、勇気をもって彼にメールしたのに、返事が来ないから。


仕事が忙しいのかな。

具合でも悪いのかな。

事故にでも遭ってしまったのかな。


でも、返事をする気になれないのかも。...。

私のこと、どうでも良くなっちゃったのかも...。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-08 20:54 | 恋愛

今日は

少し、落ち込んでいます。

まず、お夕飯がうまくできなかったこと。

それから、相変わらず彼のメールがなくて

もしかしたら、今日あたりと思っていたのに

思い切って、私からメールしようと思うものの、結局今日もできなかった自分へのふがいなさ。

いったい、何を恐れているのでしょう。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-04 22:55 | 恋愛

足が...

昨日は、少しリアル過ぎてしまったので、ちょっと反省している私です。


祝日前の晩、久しぶりに学生時代の友人とお食事する機会をもちました。

精神的に煮詰まっていたところなので、気楽なおしゃべりが楽しくて・楽しくて。

それぞれの悩みや愚痴など、さんざん言い合ったあと

「カラオケ行こう~~」ということになり、久しぶりに歌ってきました。

最近の歌は、みんな知らないので、ほとんど懐メロ状態でしたが。


声を出すっていいことですね。

何だか気持ちすっきりして、帰宅できました。

もっとも、終電に遅れそうになり、乗り換えの階段を必死になって駆け上がってきたので、もう足がヘロヘロ状態です。

終電って、こんなに混むんだと初めて知りました。

みんな、すごいわ。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-03 02:01 | 恋愛

そして...

(以下、少しリアルな表現が含まれますので、ご了承下さい。)


部屋に入ると、彼はすぐに私の胸元をはだけます。

一言も言葉を発せずに、彼はただ私を壁際に追いやり、浴びせるようなキスの嵐。

服を着たままで、私の体をまさぐる彼のあたたかい手...。

この日のために、調達した下着が何かを訴えています。

恥ずかしさに慄きながら、私は確かに彼を感じていきます。


付き合いだした頃の彼は、こんな風ではありませんでした。

もっと、穏やかな進行でした。


私たちは、お互いの中学時代を知っています。

セーラー服に詰襟姿の私たちを知っています。

卒業アルバムを見れば、そこに中学生の私たちがいます。

だから、大人になって家庭を持ちながらの、こんな関係は想定外のことだったはずです。


あの日、酔ったいきおいで彼の誘いに応じ、そこから私のつらいけれど甘美な時が始まってしまいました。

同級生に抱かれているという、何ともいえない状況に、私は狂おしいほどの情愛を感じています。


あと何年かしたら、私も更年期を迎えることになるでしょう。

だから、残されたほんのわずかな時を思い描くこともなかった世界に身を置いていたい。

それが、悲しい女の性だとしても...。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-01 20:35 | 恋愛

私たちのデイト

ここだけの話です。

彼とデイトする日は、夕方からメールが飛び交います。

普段は、一週間以上何も連絡ないこともありますが。

服装チェックから始まって、待ち合わせの時間などなど。

ほんとに業務連絡のようなメールです。

恋人らしい空間といえば、待ち合わせのバーガーショップで、ポテトを手におしゃべりするほんのひとときだけ。

彼が席をたつと、私は数歩遅れて従います。

そのままホテルの入り口へ。

部屋にはいった瞬間、私はもうなすがままです。

でも、それが私のしたかったことだから...。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-11-01 00:26 | 恋愛

日曜日

今日は、デパートに行って化粧品売り場をウロウロ。

特にお目当ての物があったわけでもないけれど、お肌の診断などしてもらいました。

結果は、水分・油分とも最低ランク。

はぁ...。

年齢とともにお肌が衰えるのは仕方ないとしても、これではいけないですよね。

結局、乾燥肌用のエクストラ何とか、という保湿クリームを買ってきてしまいました。

効果があると良いのですが。

それより、彼からのメールがくれば、お肌ももっと生き生きとしてくるのだと、思うのに...。

デイトの約束がない週は、毎日がつまらないです。
[PR]
# by st-maria-novella | 2005-10-30 17:25